ヒルトン東京2017年7月⑤TUNOHAZU和朝食編

 チェックイン時に予約していた、TUNOHAZUの和朝食。宿泊の度に、たのしみにしています。ブッフェのように列に並び選んでフードをとる必要もなく、過食、偏食になることがなく、このように見た目も美しく、美味しい朝食です。
d0357045_20303460.jpg
 万が一、足りなかったり、特に食べたいものがあれば、和朝食を頂いた後、エグゼクティブラウンジへ。私は、いつも、フルーツ、生野菜を頂きたく、和朝食後、エグゼクティブラウンジに参ります。

 午前7時、2階レストラン、TUNOHAZUに着きました。
d0357045_20351981.jpg
 入り口にある花がとても綺麗です。是非、客室にもほしいなあ。
d0357045_20361402.jpg
 案内される席に着くいて、目に入るのはライトアップされた和風装飾品の陶器。
d0357045_20322874.jpg
 料理のうち、3段の木製の箱は厨房側から板前さんが配膳してくれます。
d0357045_20312901.jpg
 和朝食を頂くの、何度目になるのでしょうか。
 その時々、微妙に中身が替わっていて、たのしませてくれます
 それでは、どのような料理か、よく見てみましょう。
 今回、品書きがないので、私が解説致します。
手前から、
一の段、
(濾過した)トマトジュース、サラダ(ポテトサラダ、ミニトマト、レタス)、佃煮(雑魚、のり)、野沢菜漬け。
二の段、
肉そぼろと生姜のしぐれ煮、なます(大根、人参、きゅうり)
三の段、
鱈子、玉子焼き、がんもの肉そぼろ餡掛け
焼き物の皿、
西京焼き、薑生姜、うぐいす餡、昆布の佃煮、
椀もの、
ワカメの味噌汁(田舎味噌)
ご飯(艶姫)

それでは、箸をつけてみましょう。
和朝食は似てはいますが、毎回ところどころ替わっており、色々な味わいをたのしむことができ、飽きることはありません。
d0357045_20303460.jpg
 食後のドリンクを聞かれます。いつもはホットですが、季節柄アイスティーを選びました。
d0357045_20334919.jpg
 デザートは、西瓜。上品な一口サイズで食べやすい。
d0357045_20372367.jpg
 今回、いつもある品書きがないことが気になりスタッフに聞くと、料理の中身をかえると、品書きの印刷が間に合わないこともあるとのこと。

 それでは、和朝食を食べ終え、フルーツと生野菜を補給するため、37階エグゼクティブラウンジに向かうことにしましょう。
   
 あっ、通りすがりに、帰りに今回行けなかったバーのZATTAが目に入り、思わず撮影(笑)。夜食にクラブサンドを食べたかったですが、その時は王朝でのコース料理で満腹で。
d0357045_20382242.jpg


[PR]
Commented by reward at 2017-07-28 16:02 x
先日はサイトへコメントをくださり有り難うございました。
やはりTSUNOHAZUの朝食は良いですね。
見た目から美味しそうです。
何気なくテーブルの緑をカメラにきちんと収めている辺り、kitakitune-1さんの拘りを感じます。
朝からのモエシャンも楽しまれたそうで何よりです。
私は結局滞在日のレートがヒルトン東京とコンラッド東京で微々たるものだった為、勝手知ったるコンラッド東京への滞在になりました。
結果的に満室の繁忙期1日目にぶち当たる事に。
コンシェルジュの方々のお陰で、繁忙期にしては割と快適に過ごせました。
コンラッド東京は朝モエシャンと言いますか、朝アルコールがないのが不満ですね(笑)
Commented by kitakitune-1 at 2017-07-30 23:31
rewardさん
こんばんは。コメント頂き、ありがとうございます。また、今月2度目のヒルトン東京のステイをしておりまして、ご返事が遅くなり、申し訳なく存じます。
画像をよく見て頂き、ありがとうございます。
コンラッド東京、混雑するも、快適にお過ごしになられたのは、何よりです。rewardさんがコンラッド東京において、大切なゲストとして、歓待されているからですね。素晴らしいです。
そうですね、ちょっとしたスパークリングワインでもあれば、よろしいでしょうけど。
コンラッド大阪、開業日に宿泊した折り、朝食時、シャンパンを有償で頼んでらっしゃる方がおりました。
by kitakitune-1 | 2017-07-25 18:57 | 東京2017.07 | Comments(2)