帰路のHND-CTSもプレミアムクラスにアップグレード成功。
d0357045_21155876.jpg
ANAラウンジから見える機体。
d0357045_21150325.jpg
前を行く機体、STAR WARS塗装機。
d0357045_21170542.jpg
上空から見る東京の街並み
スカイツリーが見えるような気がします。
d0357045_21175924.jpg
窓の外に広がる雲海
d0357045_21184267.jpg
プレミアムクラス機内食
d0357045_21193324.jpg
太陽の光が眩しい。
d0357045_21201004.jpg
スパークリングワインとペリエ、ドリンクのおかわり。
d0357045_21203689.jpg
空が若干夕焼けになりつつ。
d0357045_21210905.jpg
ということで、羽田空港を飛び立った当機は、順調な飛行を続け、新千歳空港に定刻に到着致しました。羽田-千歳はあっという間で、もっと飛行機に乗っていたかった(笑)。
 あと、羽田空港のANAラウンジ、いつも清潔なトイレに感動しています。思わず、清掃スタッフに、いつもありがとうと、勇気を出して声をかけさせて頂きました。感謝。素晴らしいANAの旅は、機内だけではなく、随所で感じとることができると、私は思っています。世界一の航空会社を目指して頑張ってほしいです。私は、いつもANAを応援しています。

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-08-07 20:40 | 東京2017.07 | Comments(0)

 レイトチェックアウトをお願いし、快諾頂いて、TUNOHAZUの鉄板焼きに向かいます。レストランの受付で、なるべく早く食べ終えたいと言って、配慮頂きました。感謝に堪えません。
d0357045_21061252.jpg
 まず、生野菜のサラダが出てきました。
d0357045_21070837.jpg
 次に、モエシャンがグラスに注がれます。
d0357045_21080613.jpg
 その間、シェフは一生懸命、焼いてくれています。
d0357045_21085024.jpg
 焼き上がった肉が厨房から出てきました。
d0357045_21133412.jpg
 次に、野菜炒めが出てきます。
d0357045_21093631.jpg
 これも、鉄板で焼いてくれたガーリックライスが出てきました。
d0357045_21121879.jpg
 次いで、漬け物と味噌汁。
d0357045_21102715.jpg
 最後に、デザート。
d0357045_21112856.jpg
 一生懸命、焼いて頂いたシェフと暫し歓談。
 それでは、御馳走様と席を立ち、エレベーターに向かうと、シェフが通路で待機していて、わざわざご挨拶頂きました。素晴らしいレストランでした。
 ということで、客室に今一度戻り、荷造りします(笑)。

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-28 07:06 | 東京2017.07 | Comments(0)

 TUNOHAZUでの和朝食を食べ終え、フルーツや野菜を補給するため、エグゼクティブラウンジに向かいます。
d0357045_20461478.jpg
 まず、ラウンジ中央に、食べたいと思っているフルーツ群が目に入ります。時間がかかるので、最初にフルーツのカットを依頼。
d0357045_20474209.jpg
 カット後は、オレンジがこんなに綺麗に。
d0357045_20484267.jpg
 次に目に入るのは、ラウンジ左側中央よりやや後方にあるパン。
ここで、ライ麦のような(笑)パンをナイフでカットして、皿にのせます。
d0357045_20500582.jpg
 反対側に目を転じると、オーダーしたオムレツを作っています。私は、和朝食を頂いたので、今回オムレツはご辞退。
d0357045_20505834.jpg
 次に、右に曲がり左の棚にあるたくさん種類のある紅茶から、アールグレイを選び、ティーポットに入れ、お湯を注ぎ、テーブルに。
d0357045_20515812.jpg

d0357045_20523808.jpg

d0357045_20533690.jpg
 少しソーセージが食べたくて、少々お皿に。
d0357045_20551174.jpg
 とらないものの、一応どんなものが置いているか、見てみます。
d0357045_20555819.jpg
 すると、ヨーグルトとバナナが目に入り、テーブルへ。
d0357045_20583980.jpg
 バナナをとると、ミューズリーを発見し、少々。
d0357045_20565062.jpg
 生野菜、フルーツを、若干お皿に。
d0357045_20574520.jpg
 今回、気になったアップルビネガーをコップに注ぎ、テーブルへ。
d0357045_21001824.jpg
 さらに、モエシャンを少々。
d0357045_21031845.jpg
 さらにさらに、オレンジジュースを少々。
d0357045_21021918.jpg
 さすがに、缶ジュースは素通り。
d0357045_21013137.jpg
 ここでも、また、お腹はFull状態。
このあと、暫し、客室で休むとしますか。それと、突然で恐縮だけど、レイトチェックアウトを頼もうかと考えながら。次に、TUNOHAZUでの昼食がひかえているので。

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-26 08:50 | 東京2017.07 | Comments(0)

 チェックイン時に予約していた、TUNOHAZUの和朝食。宿泊の度に、たのしみにしています。ブッフェのように列に並び選んでフードをとる必要もなく、過食、偏食になることがなく、このように見た目も美しく、美味しい朝食です。
d0357045_20303460.jpg
 万が一、足りなかったり、特に食べたいものがあれば、和朝食を頂いた後、エグゼクティブラウンジへ。私は、いつも、フルーツ、生野菜を頂きたく、和朝食後、エグゼクティブラウンジに参ります。

 午前7時、2階レストラン、TUNOHAZUに着きました。
d0357045_20351981.jpg
 入り口にある花がとても綺麗です。是非、客室にもほしいなあ。
d0357045_20361402.jpg
 案内される席に着くいて、目に入るのはライトアップされた和風装飾品の陶器。
d0357045_20322874.jpg
 料理のうち、3段の木製の箱は厨房側から板前さんが配膳してくれます。
d0357045_20312901.jpg
 和朝食を頂くの、何度目になるのでしょうか。
 その時々、微妙に中身が替わっていて、たのしませてくれます
 それでは、どのような料理か、よく見てみましょう。
 今回、品書きがないので、私が解説致します。
手前から、
一の段、
(濾過した)トマトジュース、サラダ(ポテトサラダ、ミニトマト、レタス)、佃煮(雑魚、のり)、野沢菜漬け。
二の段、
肉そぼろと生姜のしぐれ煮、なます(大根、人参、きゅうり)
三の段、
鱈子、玉子焼き、がんもの肉そぼろ餡掛け
焼き物の皿、
西京焼き、薑生姜、うぐいす餡、昆布の佃煮、
椀もの、
ワカメの味噌汁(田舎味噌)
ご飯(艶姫)

それでは、箸をつけてみましょう。
和朝食は似てはいますが、毎回ところどころ替わっており、色々な味わいをたのしむことができ、飽きることはありません。
d0357045_20303460.jpg
 食後のドリンクを聞かれます。いつもはホットですが、季節柄アイスティーを選びました。
d0357045_20334919.jpg
 デザートは、西瓜。上品な一口サイズで食べやすい。
d0357045_20372367.jpg
 今回、いつもある品書きがないことが気になりスタッフに聞くと、料理の中身をかえると、品書きの印刷が間に合わないこともあるとのこと。

 それでは、和朝食を食べ終え、フルーツと生野菜を補給するため、37階エグゼクティブラウンジに向かうことにしましょう。
   
 あっ、通りすがりに、帰りに今回行けなかったバーのZATTAが目に入り、思わず撮影(笑)。夜食にクラブサンドを食べたかったですが、その時は王朝でのコース料理で満腹で。
d0357045_20382242.jpg


[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-25 18:57 | 東京2017.07 | Comments(2)

 友のヒルトン到着の知らせを聞き、急ぎエグゼクティブラウンジを後にし、向かうは2階レストラン王朝。
 友と土産の交換、私はじゃがポックル、友は福岡帰りのため、通りもんを、それぞれ交換。その時、私が思ったのは、若干、通りもんのケースが小さく、損したなあということ(笑)。
d0357045_23053593.jpg
 レストラン王朝の案内されたテーブルにあったトルコ桔梗
d0357045_22490164.jpg
 これに、モエシャン、瓶ビール、紹興酒、ワイン、烏龍茶、オレンジジュースの飲み放題が付いていました。そこで、モエシャンで乾杯。
d0357045_22520050.jpg
 シェフ特製チャーシューと冷菜の盛り合わせ
d0357045_22524534.jpg
 点心3点盛り
d0357045_22542622.jpg
 4日間抽出した特上滋養コラーゲンスープ
d0357045_22572802.jpg
 海老の炒め
d0357045_22582263.jpg
 北京ダックとフォアグラのクレープ包み
d0357045_22591806.jpg
 豚のスペアリブ 黒酢ソース
d0357045_23000918.jpg
 豆乳で仕上げた担々麺
d0357045_23011670.jpg
 花が咲く工芸茶(開花前)
d0357045_23021967.jpg
 マンゴーブリュレ
 (上に金魚草がのっている)
d0357045_23034319.jpg
 花が咲く工芸茶(開花後)
 
 料理が進むにつれ、満腹を超過(笑)。
 ドリンクは飲み放題でしたが、モエシャン2杯にウーロン茶1杯で限界に。料理の中身、ボリューム、飲み放題を考慮すると、とてもお得なプランでした。
 多少、友と歓談した後、客室に向けて歩みを進めます。もう、こんなに飲食してしまい、ビアガーデンもZATTAも行けないなあと、考えながら。

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-24 08:15 | 東京2017.07 | Comments(0)

 外出先から戻り18時半となり、カクテルタイムのため、エグゼクティブラウンジに直行(笑)。若干混雑しており、座席指定。おかげで、全てのラウンジ利用希望者が着席できている模様。夜景が見たいとか、色々希望はあるかもしれませんが、多くのゲストに利用してもらうには、極めて合理的だと思いました。
d0357045_22213745.jpg
 フードは、左側の皿は、筑前煮、カレー味のソーセージまでが温かく、その隣は、そうめんにジャコときゅうりがのっているもの。右の皿は、林檎、豆腐、フランスパンに舞茸がのったもの。特に筑前煮が美味しかったです。左下の小皿は、ピクルス。
 ドリンクは、左側がオレンジジュース。右側がモエシャン。
 ここで、あれ、今回のステイで、オレンジをまだ食べていないことに気付き、オレンジのカットをお願いしました。すると、
d0357045_22340964.jpg
 オレンジも筑前煮等も全て美味しく頂きました。
 そして、この後友人と王朝でディナーの約束をしていましたので、お腹は軽く満たされつつも、2階レストラン王朝に急行(笑)

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-23 10:48 | 東京2017.07 | Comments(0)

 15時少し過ぎたので、エグゼクティブラウンジに向かいました。
 オレンジジュースと、苺のムースケーキ、カップケーキ、ミニシュークリーム、ゼリー。
d0357045_21283652.jpg
 エグゼクティブラウンジ奥の大きなテーブルに、綺麗な白の胡蝶蘭を発見し、思わず撮影。
d0357045_21312549.jpg
 花については、今まで意識していなかったのですが、今回は見つける度に撮影しようと、こだわっています。花は美しく、また、空間に彩りをそえて、明るくしてくれます。美しいものが好きな私(笑)にとっては、重要です。是非、連泊の際は、部屋にもオーダーしたいです。
 また、私のホテルステイの師匠、『借金君の「くう・ねる・あそぶ」』のshackinbabyさんに若干プッシュされた(笑)ので、花を多くアップいたします。
shackinbabyさんのブログのURLは↓こちら。
http://shackinba2.exblog.jp/

 それでは、暫しティータイムをたのしんだ後、今回の上京の目的地に向かおうとしましょう。

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-22 08:15 | 東京2017.07 | Comments(0)

 本年4月以来のヒルトン東京のステイです。
 チェックインは37階エグゼクティブラウンジです。チェックインの順番を待つ時も、ラウンジにあるパンやジュースをいただくことができて、快適です。ゲストへの思いやりを感じます。フードやドリンクを自由にとれるのも、ヒルトン東京のよさ。ゲストへの思いやりと、自由の調和がとれています。そして、私みたいに遠方から来るゲストには、チェックイン時に、こうして座らせて貰えるのが、何よりもありがたく感じます。そして、アーリーチェックイン、ありがとう、ヒルトン東京。
d0357045_18505023.jpg

 チェックインを済ませ、次は、今回ステイする客室、エグゼクティブ シティ スイートキングへと、歩みを進めましょう。アテンドを辞退し、自分で荷物を持って客室へ。
 カードキーで解錠。ドアを開け、入室。玄関のような和テイストが眼前に広がります。他の客室とは、かなり趣が異なっており、驚き。
d0357045_20320402.jpg
 かなり広い玄関部分、和の装い。
d0357045_20345833.jpg
 玄関部分を抜け内ドアを左にひいて、居間部分に足を進めます、
d0357045_20340142.jpg
 パークビューのためか陽射しの明るさがあるものの、障子があってほどよい感じ、採光は十分。次に、ガラス製のデスクと回転椅子、センターテーブル、長椅子、オットマン、テレビが目に入ってきます。
d0357045_20361033.jpg
 センターテーブル、あっと、私の足が売り込み(笑)。先程のガラス製のデスクと、このセンターテーブルに、花を置くと部屋の彩りがアップし、明るさが増すと思うので、1人での連泊時には是非、花を飾ってみたいものです。
d0357045_20371970.jpg
 食器棚と冷蔵庫。
d0357045_20414507.jpg
 冷蔵庫の中身。
d0357045_20423190.jpg
 食器棚上のエスプレッソマシーン。
d0357045_20431505.jpg
 次に寝室に足を進めます。大きなキングベッドで、よく眠れそう(笑)
d0357045_20382764.jpg
 寝室奥側で振り返り、客室側に目をやると、タンスがあります。
d0357045_20394216.jpg
 タンスの中。
d0357045_20491549.jpg
 引きダンスの中は、バスローブと浴衣。
d0357045_20404554.jpg
 ベイシン付近。一度、手を洗って使ってしまったタオルが左奥のコンセント前に(笑)。すいません。
d0357045_20481673.jpg
 15時のアフタヌーンティータイムまで、暫しこのお部屋で寛ぐとしましょう。


[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-21 08:00 | 東京2017.07 | Comments(0)

 羽田空港駅から、京急に乗車し、大門駅で大江戸線に乗換え、六本木駅で降車、六本木交差点方向の出口から出て、「BENJAMIN STEAKHOUSE ROPPONGI」に到着。予約した氏名を伝えると、すぐに案内されました。
 途中の通路に、グリルがあります。炎は、イミテーションでLEDによる演出だそうです。
d0357045_18283662.jpg
 座席に着くと、程なくドリンクの注文を聞かれます。今回は、ANAの機内でスパークリングワインを摂取したので、ドリンクは注文せず。
 ランチメニューから、「USDA プライム サーロイン ステーキ サラダ」を注文。
 レギュラーのステーキは二人前分あり、ランチ、ディナー問わず、注文できますが、今回は一人での利用であり、かつ、朝食のほかに機内食を摂っており、また、空腹ではなく、量的に多すぎることから、注文しませんでした。
 ただ、平日のランチメニューはもっとお得なステーキもあるようですが、この日は土曜日だったので、平日のランチは注文できなず、、、、、
 USDA プライム サーロイン ステーキ サラダ
d0357045_18211812.jpg
 メニューは、次のとおり。
一部横になっているのは、ご容赦ください(笑)。
① 平日土日問わず注文可能なランチメニュー
d0357045_18245646.jpg
② レギュラーのステーキメニュー(ランチ時も可能ですが、通常はディナー)
d0357045_18562760.jpg
③ サイドメニュー
d0357045_18565379.jpg
④ 平日のみ注文可能なランチメニュー
d0357045_18572236.jpg
⑤ デザート及びドリンクのメニュー
d0357045_18590913.jpg
 入口付近を撮影したものの、人通りが多く、撮影に難儀しました。なお、写りこみは、ご容赦ください(笑)。
d0357045_19003662.jpg
ということで、適量のランチで「BENJAMIN STEAKHOUSE ROPPONGI」をあとにし、一路、ヒルトン東京に向け、大江戸線六本木駅に向かいました。次回は、ディナーで訪問したほうがいいとか、やっぱり、ニューヨークのお店に行こうかとか、考えながら。


[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-20 12:40 | 東京2017.07 | Comments(0)

 新千歳空港到着後、ANAプレミアムラウンジに向かい搭乗手続きをすると、プレミアムクラスに空席あり、迷わずアップグレードしました。
 その後、新千歳空港のANAラウンジが閉鎖中のため、「スーパーラウンジ」に向かい、小休止。ANAラウンジ閉鎖に伴い、後日、500マイル貰えるのは嬉しい。
 「スーパーラウンジ」に入り、飛行機が見える突き当たりのカウンター形式になっている窓際に座り、アイスレモンティーを頂きました。
 しかし、窓からの眺めは鶴丸ばかりで、若干のアウエー感(涙)。
d0357045_07402165.jpg
 出発30分前、ラウンジを出た途端、青いANAの機体が視界に入り、安心感でいっぱいに(喜)
d0357045_07393495.jpg
 東京で会う友人へのお土産として、前回は「白い恋人」だったため、違うものを購入するため、若干迷うものの、ANA FESTAで、「じゃがポックル」を2箱購入。もちろん、ANAカードで割引きです(笑)
 セキュリティチェックを受け、搭乗口に向かう途中、ANAマイルが貰える、京急のお得きっぷを自販機で購入しました。
 そうして、搭乗口に着くと、程なく優先搭乗が始まり、いざ機内へ。
 当機は定刻にTake Off。暫くすると、機内サービスが始まります。
 まずはドリンクの希望を聞かれ、スパークリングワインを頼み、あわせて食事の無料のオプションでホタテ雑炊を注文しました。
d0357045_07564303.jpg
 本日の朝食は、苫小牧のホテルニュー王子製のサンドイッチがメインです。
d0357045_07542069.jpg
 ホタテ雑炊は、アツアツでとても美味しかったです。ドリンクは、スパークリングワイン2本とペリエ1本を頂きました。あわせて、おつまみとして、おかきとナッツを頂きました。
 ただ、今から思うと、いわてまり等のお菓子のサービスはなかったなあ。
 ということで、当機は順調な飛行を続け、On Timeで羽田空港に到着。
 この時、私は少しほろ酔い状態(笑)ですが、目指すは、「BENJAMIN STEAKHOUSE ROPPONGI」。気持ちを引締めて、レッツゴー(笑)

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-07-19 07:23 | 東京2017.07 | Comments(0)