d0357045_19264667.jpg
目覚ましなどいらず、起床。
予約時間にTUNOHAZUの和朝食へとむかいます。
TUNOHAZUに着くと席に案内されます。とても綺麗です。
まだ、時間が早いせいか、奧の席は、どなたもいらっしゃらないようです。ステイの度の和朝食、昨日の昼食もここで寿司でした。自然と親近感がわいてきます。
d0357045_19215500.jpg
席から厨房をのぞむ。
d0357045_19233081.jpg
そうこうしているうちに、和朝食が出てきました。
d0357045_19254013.jpg

d0357045_19264667.jpg
三段のお重を食べ終えると、デザートの西瓜。とても上品。
d0357045_19275199.jpg
ドリンクは、アイスティーをオーダーしました。
d0357045_19283549.jpg
アイスティーを飲み干し。TUNOHAZUをあとにするのですが、今回は前日の同窓会での飲酒が祟り、胃腸の調子が悪く、久しぶりに行こうと思っていたマーブルラウンジへの朝食はしごはせずに、客室へむかいます。体調不良なので横になりたいので、レイトチェックアウトをお願いすると、素晴らしい対応でした。ありがとう。
そして、客室で休むことができたものの、やはり本調子ではないまま、チェックアウトにむかいます。チェックアウトの時も体調がすぐれないと伝えると、とてもお気遣い頂いて、大変助かりました。
感謝に堪えません。こういう具合が悪い時、困っている時のゲストへの対応に真価が問われるんでしょうね。今回、特に実感しました。ヒルトン東京素晴らしいです。本当にありがとう。嬉しすぎて、また、予約を入れてました。宿泊、レストラン、とことん利用させて頂く、それが精一杯の返礼です。

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-08-14 12:11 | 東京2017.07下旬 | Comments(0)

d0357045_19142558.jpg
 ヒルトン東京にチェックイン後、ひょっとしたら、皆さんもご存知かもしれない、旅の師匠とランチのため、TUNOHAZUに向かいます。
d0357045_19162517.jpg
 エレベーターホールに、大きくTUNOHAZUと刻まれている壁。
d0357045_19171465.jpg
 TUNOHAZUの寿司カウンターにむかうと、目に入ってくるフラワーアート。こういう、和の趣のあるのも、生けてみたいです。
d0357045_19184473.jpg
 TUNOHAZUの寿司カウンターのつきあたりの壁に置かれている花、リンドウかな。
 TUNOHAZUでは、寿司のセットメニューを頂きます。
d0357045_19200634.jpg
 席に着くと、まず先付け。
d0357045_19142558.jpg
 寿司はセットですが、二巻ずつ何回かに分けて出ます。
 この時、旅の師匠のフードに関する弱点を知りました(笑)。たのしい歓談に撮影を忘れ、画像はここまで。もう少し寿司を食べたあと、師匠と共に、エグゼクティブラウンジへ。ちょうど、アフタヌーンティータイムです。旅の師匠のたのしいお話と、私への叱咤激励に時を忘れます。名残惜しいですが、師匠と別れ、部屋で身支度を整え、同窓会の会場がある新橋へ。
 夜、ホテルに戻り、タワースイートと、自作のフローティングフラワー、夜景、ジャグジーバスと、ひととおり、たのしんで就寝。ヒルトン東京のキングベッドの寝心地は最高でした。

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-08-08 20:40 | 東京2017.07下旬 | Comments(0)

 都心で用事を足そうと、羽田空港から京急に乗り一路、品川を通り日本橋を目指そうと思っていたのに、何故か、気付くと京急川崎(笑)。すぐに降りて、反対方向の電車に乗ったら羽田空港行き、京急蒲田で降りて、やっと、予定していた経路に(笑)。
 用件が終了し、目指すは、ヒルトン東京。地下鉄で向かいました。西新宿から地下道がヒルトン東京まで、つながっていて、とても便利です。
d0357045_19492422.jpg
 ヒルトン東京到着後、エグゼクティブラウンジに向かい、チェックインをお願い致します。この時、前回チェックインを担当してくれたスタッフから、「お帰りなさいませ、○○様」と言われ、とてもうれしい一言です。心の中で、ありがとうと呟いていていました(笑)。
d0357045_21221899.jpg
 ヒルトン東京、エグゼクティブラウンジ、テーブルに置いてある花。
d0357045_21232751.jpg
 エグゼクティブラウンジからの景色。大都会、新宿。
d0357045_21243066.jpg
 エグゼクティブラウンジの別なところでも、花を発見。
 そうこうしているうちに、チェックインが済み。客室へ向かいます。
 今回はエグゼクティブタワースイートキング。
 深紅の長い椅子、縞のジュータンのタワースイートは、今までの泊まったタワースイートの中でも、一番いいなあと感じました。
d0357045_19500115.jpg
 ベッドも寝心地がよく、最高です。
d0357045_21354412.jpg
 障子の和テイスト、日本人には安心感を与えてくれます。日射しが程よく調整されます。
d0357045_19505616.jpg
 ジャグジー設備のあるバスタブ。
 画像掲載しておりませんが、とても綺麗なベイシンが2つ、椅子まで置かれています。あと、トイレも部室になっており、専用の手洗いが用意されております。
d0357045_19515453.jpg
 自作のフローティングフラワー。蘭、薔薇、トルコ桔梗。大変満足致しました。やはり、花があると明るくなり、部屋がさみしくないです。やっと、念願が叶い、ヒルトン東京の宿泊時客室に、自作のフローティングフラワーを飾ることができました。
 この花、自宅近くの花屋さんから、前日買って、飛行機でも離着陸時は抱きかかえました。でも、全然買った時のまま。花屋さんが特殊な包装等、色々考えて包んでくれていました。本当にありがとうございます。この場を借りて、お礼申し上げます。
d0357045_19530003.jpg

d0357045_19540978.jpg

d0357045_19551700.jpg
 ヒルトン東京、客室からの夜景。
d0357045_19564349.jpg

[PR]
by kitakitune-1 | 2017-08-07 22:03 | 東京2017.07下旬 | Comments(0)

d0357045_19450754.jpg
7月二度目の東京行き、もちろんANAを選びます。
お土産も購入も、いつものANA FESTA。私はANAのセンスや品質を信頼しています。
d0357045_19352904.jpg
ANAラウンジ改修に伴い、500マイルが後日付与されます。
代わりに、Super Loungeを利用しました。アウエー感があり、ANAを感じれなくて、少し残念。でも、素晴らしいANAラウンジにリニューアルするためですので、前向きに(笑)。
d0357045_19370905.jpg
Super Loungeから見えるのは、日航機。やはり、さみしい。
d0357045_19380577.jpg
Super Loungeを出ると、やっと見えました信頼の青い機体。
d0357045_19385585.jpg
今回もプレミアムシートにアップグレード。
今回はサンドイッチではなく、ご飯でよかったです。
もちろん、いつものホタテ雑炊もお願いしました。
d0357045_19450754.jpg
機内から見える景色。
d0357045_19413870.jpg

d0357045_19422282.jpg

d0357045_19430342.jpg
うーん、もっと乗っていたい。いつもながら思います。羽田着。
しかし、ヒルトン東京が待っています。
それでは、都心で用事を足してから、新宿へと向かおうと思いつつ、これから起きるアクシデントは知るよしもなく(笑)。次の記事に続きます。


[PR]
by kitakitune-1 | 2017-08-07 21:10 | 東京2017.07下旬 | Comments(0)